1年に2度の引越し

今から数年前、1年に2度、いやもっと正確に言うと10ヶ月半で2度の引越を経験した。 当時、我が家(30代夫婦世帯)は新築分譲マンションの購入を考え、 希望の地域で条件に合う物件を探していた。 なかなか腹を決めることができる物件が見つからないまま数年が過ぎたが、 やっと決心できる物件に巡り会えた。

とんとん拍子に契約まで済ませ、ちょうど1年後の完成・入居を待つばかりとなった。 経済的には、その1年でがむしゃらに貯金をし、少しでも頭金や引越代、 家具家電代に充てようという計画だった。 そんなとき、実家の母親からある提案を持ちかけられる。 実家は築35年のおんぼろ借家を数戸持っているのだが、 そのひとつがちょうど空くので、完成・入居までの1年弱、 ここに住まないかという提案。 リフォームもするし、家賃はタダでいいという。 このことをカミさんと相談し、結果、提案に甘えることにした。

1ヶ月後、新婚からずっと住んでいた土地を離れ、数十km離れた実家の借家に引越。 それから10ヶ月半の間、家賃なしで思惑通り貯金に精を出した。 そして購入したマンションの完成・入居の時期が訪れ、 これまた数十km離れた新居に2度目の引越。 というわけで、10ヶ月半で2度の引越を経験したのだ。 こういう経験はちょっと珍しいかもしれない。